人工芝とソックス問題

最近、人工芝のピッチでサッカーやることが多い。施工後、結構経年しているせいか、2時間プレーするとソックスにみっちりと人工芝がひっついている。本当にみっちり、ドイツ方面の三本線の入った、ちょっと厚手のソックスの繊維にミドリのヒョロヒョロした人工芝が刺さってたり絡まってたりする。

そのまま洗濯するのもなんなので、家に帰るとまずソックスから人工芝を引っこ抜く。一本一本引っこ抜いたりガムテープでピトピト取ったりする。走力がまるで違う若い衆に振り回されたあと10kmロードバイクに乗って家に帰って、ビールの前に人工芝を抜く作業が待っている。たまらん。

先週末のユーヴェ・スタビアvエラス・ヴェローナの動画をみたらピッチが人工芝っぽかったのだが、もし同じようにソックスに人工芝がひっつくなら、キットは試合後泣いただろう。

「人工芝 ソックス」で検索してみるとこれといった解決策は見つからなかったが、みんな困ってるってことだけはわかった。そうか、仕方ないのか・・・とあきらめてたんですが、解決策を見つけてしまったかも知れない。俺。

人工芝がひっつきにくい靴下があるっぽい。ロンドンスポーツで売ってる、サッカーけんちゃんの激安靴下。先週から履いてるんですが、三本線ソックスに比べて全然少ない。今日は死ぬほど人工芝を走ったが、左右あわせて5本くらいしか人工芝がひっついてなかった。やりました!

しかし今日は帰ったらビールがなかったのだった。

 

 

追記

乾燥した日は露骨につきやすいので、100円ショップで売ってるエレガード的ななにかを、プレー前に多めに噴霧するようにしています。完全には防げませんが、しないよりはマシかな。100円だしね。